徒然なること。趣味なこと。経済のこと。医療のことなど書いていきたいと考えてます。
http://rubikurisina.blog61.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
ペン型インスリン注射器を複数患者に使い回し
2008-10-09 Thu 19:27
厚生労働省医政局総務課と医薬食品局安全対策課は、インスリン自己注射のペン型注射器が、大阪市内の病院で複数の患者に使い回されていたことを受け、都道府県などを通じ、医療機関にインスリン注射器の適切な使用を求める通知を3日付で出した。

 使い回しは、9月に行った大阪市保健所の立ち入り調査で分かった。少なくとも過去5年間で延べ63人の入院患者に対し、使い回しを行っていた可能性があるという。

 問題となったペン型インスリン注射器は、本体部分にインスリンが入っており、1回ごとに針を交換する仕組みになっている。本来、個人専用として使う器具で、使用時に血液がカートリッジ内に逆流した場合、感染症の危険性があるため、複数の患者に使用しないよう添付文書に記載している。

 そこで厚労省は、医療安全に万全を期すため、添付文書による使用方法の再確認を行うなど、医療機関に対して改めて器具の適正使用を周知徹底すると共に、同器具を複数の患者に使用した場合、保健所に届け出るなどの対応をとることを求めた。


引用 : 2008年10月08日【厚労省】ペン型インスリン注射器を複数患者に使い回し-適正使用で通知



非加熱血液製剤の問題とか、できたら医療に携わるならば、知っておいてほしいなって思う。
でも、実際はこういうことが起こる。それって、現場の人のせいだけではないのだろう。
やはり、制度とか教育体制とか。意識的なもんとか。何か、大きな流れを作れる部分を改善しないと
どうにもならないのかな?

しかし、使いまわしって、どういう調査をすると判明することなのだろう。
ちょっと疑問だ。どなたか知っている方がいましたら、ご教授お願いします。



とりあえず、適正使用を求めるのを徹底する。それもひとつの解決策だとは思うけど、根本的解決にはならないから、何か考える必要があるだろう。どうやったらこういう問題は解決できるのか、そこを考えなければね。

何かいい案ないかなぁ~。

スポンサーサイト
別窓 | 徒然なるぼやき | コメント:0 | トラックバック:0 
<<鬱陶しいフォルダのレイアウト… | R u b i l o g ~我侭に、自己の実現を求めて~Rubyがお送りしています | FC2トラックバックテーマに答えてみる。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| R u b i l o g ~我侭に、自己の実現を求めて~Rubyがお送りしています |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。