徒然なること。趣味なこと。経済のこと。医療のことなど書いていきたいと考えてます。
http://rubikurisina.blog61.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
兵法から学ぶMagicianMasterⅡその1
2006-04-02 Sun 03:45
 第一回目から重いお話です[壁]・m・) プププ

孫子の兵法から引用(諸葛亮式)

まず兵法の基本となる陣形が重要になります。これはMMⅡでも同じことがいえまして。まずは基本となる八陣から入ります(`・ω・´)陣形の簡単な説明から。。。。

1の陣  鶴翼の陣  翼のように両側に広がった陣形。兵力が敵より多い場合に用いられる。両翼で敵を囲みながら攻撃。側面攻撃に弱いとされるがMM2では皆無。(主にミッション、または数の多い塔戦に使えそう。)また、これは方法論なんですが、1ターン目で陣形を組むという手もあります。深くは語りませんーxー

2の陣  魚鱗の陣  少ない兵力で多くの敵を破る時の陣。矢の形よりもなお中心に集中した形である。頂点の位置は最も敵と接する(強くなければならない)MM2編では欠点があります。範囲にはとても軟いということ。相手に火or水ドラゴンがいたらも当然無理な作戦ですが。ソロでミッションをするなどというタイプの戦闘には使えそうです。中心に範囲をおいたりするのも一つの手ですね。

3の陣  雁行の陣  斜めにまっすぐと一本線をイメージした形。敵の動きに応じて魚鱗鶴翼など他の陣形に速やかに変えられるのが特徴。MM2編では思考錯誤の必要性のある陣形かと。指揮ができませんからね(;´Д`)

4の陣  エン月の陣 三日月状の陣でまたの名を『背水の陣』という後ろへ引けないところで戦うときに用いられるMM2編ではこれも試行錯誤が必要だと思いますしかし決して見捨てるような陣形ではなく、編成次第では活躍できる陣だと思います。問題は陣がすぐに崩れる可能性が高いこと。3の陣と同じく指揮ができないのが大きなネックとなりそうです。

5の陣  衡やくの陣 縦に2列並んだ感じ?な陣形。牛車馬車などの轅の先端にある牛馬にかける横木から命名。MM2的には集中火力型などに用いることが可能だと思います。一例には前に壁を設置して後衛高火力型など、があります。(4も5も漢字がでない。。アホPCww)

6の陣  長蛇の陣  これは字の如く、長い蛇のように縦に並べた陣形になります。柔軟な動きが取りやすいというメリットがあります。MM2的に考えますと、縦にこれだけの幅がないので、不可能といえば不可能となります@@考え方だけどネ。深くはいいませんぉ^ω^

7の陣  蜂矢の陣  矢印のような形をした陣。陣形表示はこれでいいですねwこれは魚鱗によく似てますね~。同じように少ない兵で敵陣を突破する場合に効果的な陣となります。MM2的には魚鱗よりは少々分散しているため、範囲攻撃の影響をより受けにくい陣にはなっています。MM2の今のシステムで中央突破はちょっと難しい。。指令の種類の増加と2プレイヤーで協力すればあるいわ、、、という感じですね。

8の陣  方円の陣  丸ぃ陣形 敵が八方から攻めてくる場合に迎え撃つのに用いられた。実際問題MM2では後ろから攻められることがないので、前に集中という意味から蜂矢や、魚鱗のほうが効果があると思われる。ただ、後衛にハイエルフなどをおくならば効果が見られるであろう。
スポンサーサイト
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<その2 | R u b i l o g ~我侭に、自己の実現を求めて~Rubyがお送りしています | 新しくブログ始めました。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| R u b i l o g ~我侭に、自己の実現を求めて~Rubyがお送りしています |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。