徒然なること。趣味なこと。経済のこと。医療のことなど書いていきたいと考えてます。
http://rubikurisina.blog61.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
企業の研究開発費、研究開発者とも増加の見通し
2007-11-02 Fri 03:47


企業の今年度の研究開発費が増加傾向にあることが、文部科学省の調査で明らかになった。研究開発者数も前年に比べ増加傾向が強まっている。

調査は、資本金10億円以上の民間企業1,791社に対し、ことし2、3月に実施、半数の企業から回答を得た。

研究開発費のうち、社内開発費を「増やす見込み」と回答した企業は、42.2%と前年の39.2%より増えた。「減少の見込み」も8.8%と前年(9.7%)より減り、「増加傾向が強まっている」ことを示している。外部支出研究開発費は「増やす見込み」が26.1%で、前年(26.6%)を下回った。しかし、「減少の見込み」も6.5%と前年(8.0%)を下回っており、DI値(好転から悪化を差し引いた全体状況を見る値)は前年を上回り、「増加傾向が続いている」ことを示した。

研究開発者数は、37.4%の企業が「増やす見込み」と答えており、前年(36.1%)より増えた。「減少の見込み」と答えた企業も5.1%と前年(5.7%)より減っており、社内開発費とともに「増加傾向が強まっている」ことを示した。

これまでの同じ調査結果によると、企業の研究開発費、研究開発者はいずれも2001~02年度以降、増加傾向を示している。

調査は、学士、修士、博士課程修了者ごとに研究開発者としての資質を質問しているが、いずれも「ほぼ期待通り」が「期待を下回る」の倍以上となっている。しかし、「期待を上回る」と答えた企業はわずかで、学士で1.0%、修士で1.4%、博士で2.6%にとどまっている。

文部科学省のプレスリリース

2007年11月1日サイエンスポータル: http://scienceportal.jp/news/daily/0711/0711011.html

 なんだかなぁと思う。研究開発者を求められている数は増えているが、求められる資質を持つ人が減っているということか。それとも、求められるレベルが変化したのか。それは一概には言えないが、研究開発者は、妥協してはいけない職業だからなぁ。
 どんだけ、頑張れるか。考えれるか。にもかかっているからねぇ

スポンサーサイト
別窓 | 徒然なるぼやき | コメント:0 | トラックバック:0 
<<インフルエンザ 今冬も流行の兆し | R u b i l o g ~我侭に、自己の実現を求めて~Rubyがお送りしています | プロバイオティクス>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| R u b i l o g ~我侭に、自己の実現を求めて~Rubyがお送りしています |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。