徒然なること。趣味なこと。経済のこと。医療のことなど書いていきたいと考えてます。
http://rubikurisina.blog61.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
うつ病治療薬「リタリン」の効能効果取り下げ申請問題(ノバルティスファーマ)
2007-11-18 Sun 19:23
うつ病治療薬として承認されている向精神病薬「リタリン」による薬物依存が多数発生しているとして、製造販売元のノバルティスファーマは、うつ病についての効能効果を取り下げ、規制がかかることとなった。(少し古いか)
(不適切使用を理由に製薬会社が薬の効能を狭める申し出をするのは、きわめて異例のこと)

薬剤については以下を参照すべし
ttp://medical-today.seesaa.net/article/56421451.html


リタリンを覚せい剤の代用品として利用している人がいるという噂がある。
マスコミも、リタリン乱用問題を頻繁に取り上げている。

リタリンに関して、同社は90年代半ばから厳密な診断や処方を求める文書を医師に配布、注意を促している。

ではなぜ取り下げ申請をするに至ったのか。

1.問題が拡大化することを恐れたため。
2.リタリンは世界中で販売されているが、日本でのみうつ病患者への使用が認められている。
3.かなり以前からの適性使用の厳重注意にも関わらず、問題縮小が見られなかったこと。
などが挙げられる。


一方、現段階で実際に処方を受けているうつ病患者の方々はどう考えているのか。
関連した記事には以下のものがある
ttp://www.ohmynews.co.jp/news/20070925/15423
ttp://www.ohmynews.co.jp/news/20070925/15393

(*Ohmynewsは、市民が記事を書いているニュース)


上に挙げている情報や記事は、ごく一部です。足りない部分があるかもしれません。


みなさんはどう考えますか?



以下まとめ
 医療・医薬品に対する関心が深まることは良いことだと思うが、過剰に反応するデメリットも存在する。マスコミも、記事を取り上げる際、充分な注意と倫理が必要になってくるのではないか。多大な影響は取り返しがつかない。

 医師の処方に関する厳重な規制も理解できる。乱用を防ぐためなのだから。では本当に必要な患者さんとの判断はどうするの?どうしていけば、正しい処方ができるのだろうか。

 私たちに求められているのは、1つの情報を鵜呑みにせず、正しい判断を自分で情報を集めて考えていくことだと思う。

 薬に関わる企業・医療機関・厚生労働省・患者それぞれが考えていかねばならないこともたくさんあると思う。正しい処方で、救われる患者もたくさんいるのだから。
スポンサーサイト
別窓 | 徒然なるぼやき | コメント:1 | トラックバック:0 
<<タイトルなし | R u b i l o g ~我侭に、自己の実現を求めて~Rubyがお送りしています | "初音ミク">>
この記事のコメント
no.90:No title
薬ほど怖い物はないですよね
扱い方1つで人を救うことも殺すこともできるわけだし
もっとも、患者側の使用の仕方次第でも大きく変わってきてしまう

良薬過ぎれば毒となる、昔の人はそういうことをしっかり把握していたのですね
2007-11-19 Mon 14:56 | URL | CAL45 #JalddpaA[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| R u b i l o g ~我侭に、自己の実現を求めて~Rubyがお送りしています |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。